※当ブログでは広告利用あり

冬に石垣島旅行!?あえてオススメする3つの理由

「冬の石垣島って行くのアリ?夏のイメージが強いけど…冬でも楽しめる?」

こう疑問に思って検索してきたあなたに、全力でお答えする。

石垣島は冬でも大いに楽しめる!
むしろ、夏より断然おすすめかもしれない。

「え~さすがにそれは無いでしょ、何言ってんの?この変人」とまで思われたかは分からないが、
なぜそこまで言うのか、ブログ主が実際に2023年2月という真冬に行って実感したあえて冬の石垣島観光をオススメする理由を3つご紹介しよう。

ただし、冬のデメリットも勿論あるので、そちらも読んだ上で、ご自身の望む良い旅ができるよう検討して欲しい。

スポンサーリンク

実際に行ってわかった!冬の石垣島をオススメする理由3つ

閑散期、つまり安い!

↑お金のイメージ画像撮ってみた

「冬の石垣島ってどうなのよ?」と検索しているくらいだから、あなたも観光シーズン真っ盛りでないことは百も承知だろう。

もう想像ついているかもしれないが、
皆が行かない時期というのは、値段が安くなる時期ということだ。

「夏の石垣島しか行きたくない!ビーチで泳ぎたいし夏の雰囲気が好きなんだ!」という方以外にとっては、あえてシーズンを外して旅費を安く抑えるというのは賢い選択肢ではないだろうか。

普段なら「高いし無理!」とスルーしちゃうようなリッチ目なホテルにも、いつもより安く泊まれてお得に高級体験を楽しめたりするのも閑散期ならではだ。

「でも…そもそも冬に行って楽しめるのかな?」とお悩みの人は安心して欲しい。

観光真っ盛りシーズンを外れたからと言って、石垣島の魅力がゼロになるわけではない。

実際冬に行ってきた感想としては、石垣島の雰囲気や南国ムード、美味しい食事や景勝地の美しさは冬でも健在だし十分楽しめた。

2月でもハイビスカス咲いてるし、何なら野生のパイナップルも実っているくらいトロピカルだった。

注意点としては、冬と言っても年末年始の連休は最高に価格高騰するので除外だ。複数の旅行系サイトを覗いたが、一番安くなるのは年末年始の後の1月中旬~下旬だそうだ。

一年を通して料金が安い時期は、お正月を過ぎた1月中旬~下旬の閑散期です。平均予算は、航空会社と予約する時期により大きく異なります。お得に石垣島旅行を予約するなら、7~8月の繁忙期を避け、2ヶ月以上前の早期割引プランを使用して、最安値で予約するのがおすすめです。

引用元:HIS旅プロ

ちなみにブログ主は、2月に寒波に耐えかねて急遽石垣島旅行を決意。
出発直前の手配で、ANA航空券+ホテル2泊3日で4万円以下だった。勿論もっと早期に手配していればさらに安くなっただろうが、ANA利用かつ直前予約にしてはかなり安く済んだと思っている。

閑散期、つまり混んでいない!

閑散期ということは、もうそのままだが当然観光客が少ない。

つまり、有名な観光地も人でごった返すこともなく、ゆったりのんびり自分のペースで見て回ることができるのだ。

あなたにとって、人混みに埋もれながら観光するか、人が少ない状態でのんびり観光するか、どちらがより好ましいだろうか?

ブログ主は2月に吹通川マングローブ群落や川平湾という景勝地に行ってきたが、人混みもなく快適に見て回ることができた。写真も他人の写り込みなしに撮り放題だ。

マングローブ群落に至っては、朝の干潮時を狙って行ったが人っ子一人おらず、あの神秘的な空間を独り占め状態で堪能できたくらいだ。こんな観光地に来て、他人の存在に邪魔されず景色を楽しめるって控えめに言っても最高の体験だった。

夏ほど暑くない!昼間でも安心して観光できる!

せっかく旅行に来たなら、昼間に観光で色々な場所に行きたいはずだ。

しかし、それが観光シーズン真っ只中の真夏なら…?

あなたもご存知の通り、最近の夏の暑さはもはや殺人級だ。

暑さと強すぎる日差しのストレスに加えて、人混みのストレス。下手したら熱中症で倒れるかもしれない。
そこまで大事にならないにしても、特に女子の皆さんはせっかく頑張ったメイクやおしゃれな服装が汗でデロデロになるのを好ましくは思わないだろう。

しかし…それが冬なら?

一番気温の高くなる昼間でも、安全に屋外を長時間ウロウロすることができるのだ!

汗まみれにもならないし、熱中症で倒れる心配も基本的にしなくてもいい。(あまりにも天気良すぎて暑い日は例外かも)

南国ムードを楽しみながらも安全、快適な屋外行動が可能となるのだ。

勿論天気によっては「え、初夏なの?」というほど暖かくなることもあるし、逆に風が強くて本土から着てきた防寒具がいるほど寒い日もある。

それでも、真夏の炎天下に外を歩くことに比べたら屁の河童!だとブログ主は思うのだが、皆さんはいかがだろうか。

気になる冬の石垣島旅行のデメリットとは

さて、ここまで読んでくれた皆さんはもう何とな~く気づいているかもしれない。

ズバリ!
天候が微妙である場合が多いことだ。

曇りの天気の日が多く、風が強くて寒い日もある。

「青い空!白い雲!これぞ南の島、最高の観光日和!」は期待しないほうが賢明である。
天気が良ければ、そういう素晴らしい日もあるが…早めの事前予約の段階ではそこまで予測しようがない。もう天気に関しては「冬は晴れてたらラッキー」くらいの気持ちでいたほうが、余計な落胆をせずに済むだろう。安さには訳があるのだ。

ただ上でも説明した通り、曇っていようが強風が吹いていようが、石垣島の良さは変わらない

南国の濃いグリーンの植物は、本土の冬では考えられないぐらいワサワサ元気に茂っている。全然枯れてないし、めちゃくちゃ生命力に溢れている。

川平湾の景色も、エメラルドグリーンで美しかった。

石垣島グルメも勿論美味しい。
八重山そばや、フーチャンプル、サータアンダーギーなど冬でも関係なく美味しいままだ。

あともう一つデメリットというか注意点。
お店の営業状態に要注意だ。

ブログ主が訪れた時、グーグルの情報では営業中でも、実際行ってみたら閉まっているお店が複数あったのだ。閑散期の平日だったので、もしかしたら土日は営業していたのかもしれないし、コロナ禍の影響で閉店してしまったのかもしれないし真実はわからないが。

なので、どうしても行きたいお店があったら事前に電話確認してみるのが一番だ。

まとめ

冬の石垣島は、
・閑散期のため安く行けるし混んでいない!
・さらに観光に適した気温!

と、お得に旅行したい人にとっては狙い目の旅行先だ。

凍えるような日々の続く寒い冬に「あー寒いの無理!暖かい所にブラっと行きたい!」と急に思い立っても、国内なので気軽に行けちゃう石垣島。

ブログ主は冬の石垣島旅行を思いついた当初、ここまでメリットあるとは全く想像してなかったが…行ってみたらめちゃくちゃ良かったのでご紹介した。

ここまで読んでくれた皆さんにとって、デメリット(天気微妙、営業していないお店もあるかも)を鑑みた上で、冬に行くメリットが勝ると思えたら、ぜひ今度の冬の旅行先にいかがだろうか。

ではでは、最後まで読んでくれてありがとう!

★「キサマの石垣島旅のこと、もっと知りたくなったぞ!」という方は、旅の全貌のまとめ記事を一生懸命作ったから↓見て~!

tonamo

一人旅と自然が大好き30代女。
昔から「海外ぶらぶら気ままに放浪してみたいな~」という憧れを抱いていたが、社会のレールから外れるのが怖くて諦めていた。
しかし「このままじゃ最期に後悔する人生になる」と気付き、生き方をガラッと変えるべく毎日鋭意奮闘中。

tonamoをフォローする
2023石垣島国内ぶらり旅
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました