プロフィール tonamoとは何奴?

スポンサーリンク

「このブログの運営主は、一体どんな奴なんだ?」

という読者の方に向けて、私tonamo(トナモ)のプロフィールについて書いてみます。

半生を語るだけですが、興味のある方はどうぞ。

注:ほとんどの写真は本文に関係ありません。何となく趣味で撮った写真を、せっかくなんでぶち込んでます。
↑フィリピンのオスロブにて。こういう南国ビーチが大好物です。
スポンサーリンク

tonamoってどんな人?

↑マレーシア・ランカウイ島にて。影絵遊び。

旅が好き

一人で気ままにブラブラできる一人旅をこよなく愛する30代。

好奇心旺盛ですが、ビビリ。

【これまでの一人旅で行った場所】(2021年5月時点)
沖縄本島、石垣島、グアム、バリ島、ホーチミン、タオ島(タイ)、香港2回、モアルボアル(フィリピン)、バンコク、ランカウイ島(マレーシア)

私が一人旅を始めるきっかけについてはこちら→「やりたいこと」しないままの人生で後悔しませんか?私が1人旅に挑戦して見えたもの

↑人と一緒に行ったシンガポールにて、ケーブルカー乗り場のいい感じの看板。

性別は女だけど、「女子」っぽさゼロ

・流行とか「カワイイ」とかブランド品とか興味なし。実用的なものを好みます。

・声が低い。
「キャー」とかいう音は一度も発したことない。あれって自然に出るもんなの?

・美容院行くのが面倒になり、セルフカット歴3年目突入。長さはショート。多少変でも、どうせ誰も見てないだろうから気にしない。

その他

・自然が大好き。
植物や川の流れ、波などをぼんやり眺めているのが至福の時。心洗われるよね。

・自宅筋トレしてます。
コンプレックスである太い下半身をプリプリにするべく、筋肉に喝を入れています。

・協調性低く、人間関係下手くそ。
第一印象でクールとかドライって言われやすい。夏用の衣類みたいだな…。

今、サナギです(メンタルの弱さを改善すべく奮闘中)

これまでメンタルも体も病みまくることが多い人生でした。

でもそんな自分を変えるべく、どうすればいいか勉強しひたすら試しまくってます。

2021年3月末に嫌で仕方なかった会社を辞めて、
時間や場所、人間関係にとらわれず自由に生きるため、本格的に人生改造計画実施中。

コロナで今は自由に旅行できませんが、行けるようになったら旅の人生にシフトしていくつもりです!

というわけで今はサナギです。
一旦中身ドロドロに溶かして、大空を羽ばたけるよう再構築中です。

↓こちらは、なぜか私の自転車の車輪のとこにいたサナギ。しばらく一緒に通勤してました。

目指す生き方

【目標】
・大好きな旅をしながら生きる!
・一度きりの人生、最期の時に「もっと違う生き方をすればよかった…」と後悔しないよう生きる!

正直、これまでは病みまくりで生きるのが嫌で仕方ありませんでした。

そんな私が、こんな目標を持つように変わっていった経緯、私の真っ黒な半生をお話します。

注:ほぼ病んでる話なんで、見たくない方はここで離脱してください。

 

生い立ち(病みオンパレード)

↑病んでる話の前に、マレーシア・ランカウイ島のきれいな夕日をどうぞ。

概略

・30年ほど前、京都府にて誕生

・実家時代:
小学1年生時、実母死去。
小学生4年生時、父再婚。狂気の継母からの虐待始まる。

・大学時代:実家を出て、他県にて一人暮らし。暫しの楽しい時期。

・就職

・結婚。しかし数年後に離婚(一人旅始めたのはこの時期)

・上司からのパワハラで心身壊し8ヶ月間休職。激ヤセ。

・復職したが、摂食障害発症。激太り。
ストレス対策の勉強&試行錯誤が始まる

・退職決意

・退職後の現在:
やっと手に入れた心身ともに平穏な生活を満喫しながら、ストレスに弱い自分を変えるべく奮闘中。

生きることに希望が見いだせなかった病み期

いや~ほんとしんどい人生でした…

勿論、楽しいことや幸せなこともありました。
でも、思い出すことが圧倒的に多いのは、やはり暗い部分です。


一番根深いのは、幼少期を含む実家時代

継母からの虐待の日々。
血の繋がった父・姉もいましたが、継母と仲良くしており、助けてくれることはありませんでした。

顔の皮膚が切れるまでビンタされたり、
ひたすら無視&ヒステリックに口撃されたり、
一人だけ食事がなかったり…

どこにも居場所がなく、味方もいない。
なぜ私だけ毎日こんな扱いを受けなきゃいけないのか。
なんで私はこの世に生まれたんだろう…

中学生の頃、自傷行為をするようになりました。
胸が引き裂かれるような激しい心の痛みに耐えられない時、自分の体を切れば、そちらの痛みに意識が向くので心がラクになれたんです。
一度父親にバレて殴られましたが、他に感情を処理できる方法もなく、やめることはできませんでした。

それとは別に、自殺も何度も試みました。
でも、いざとなると死ぬのが怖くて怖くて…いつもやり遂げれず。
不思議ですよね、こんなに生きるのが嫌なのに、死にたくないという矛盾。

本当、私にとっては毎日が地獄でした。

そんな実家からは、他県への大学進学にてやっと離れることができました。


その後の苦難は、離婚仕事ですね。

結婚した時は、
こんな人生送ってきた自分でも「やっとこれで普通の人生、普通の幸せが手に入るんだ!」と嬉しく感じたことを覚えています。

でも…結局ダメでしたね。
次第に衝突が増え、別居と修復を繰り返した後、
私から切り出して離婚しました。

今にして思えば、私が愛情に飢えつつも他人を信じることができなかったから破綻したんでしょうね。


仕事については、
人間関係のストレスでボロボロに削られてました。
パワハラで心身壊して休職、
その後復職してからは摂食障害になりました。
(詳しくはこちら→お菓子のドカ食いが止まらない!)

私には頼れる実家も他人もいません。
だからどんなに辛くても、生活のために我慢して働き続けるしかないと考えていました。

働き方も「会社で働いて給料で生活する」という植え付けられた”社会の常識”以外の道は考えたこともありませんでした。


秋、落ち葉の浮かぶ池を泳ぐ鯉。

 

繰り返しますが、
楽しいことや幸せだと感じていた時期もあったんです。
でも、総合的に見ると苦しくてたまらない人生でした。

過去に「生きていればそのうち良いことがある」なんて言われたこともありましたが…

仮に幸せなことがあっても、どうせまた苦しみがやってくるに違いない。
私の人生どこへ行っても苦しみしかない、と経験上結論付けていました。

自分のこんな考え方や性格が生まれ持ったものなのか、後天的に形成されたものなのかは分かりませんが、生きる上で酷くやっかいな性質であることには間違いがありません。

「生きたい、幸せになりたい」と望み始めた

桜の花びら積もる中のタンポポ。

そんな私でしたが、
摂食障害発症をきっかけにストレス対策を学び実践し始めました。

ちゃんと効果があると実証されたストレス対策など、科学に基づく幅広い知識を私に教えてくれたのは、パレオな男こと鈴木 祐さんとメンタリストDaiGoさんのお二人です。ひたすらネットで調べていたときに、このお二人の発信されている情報にたどり着いたのがきっかけでした。

毎日むさぼるように読み、「こんな研究結果が出ているものなら、私にも効くかもしれない」と、瞑想や運動、アダプトゲンというストレスに効くハーブのサプリ、その他数多くのメンタル改善の方法を学び実践してきています。ネットだけでなく、本も読み勉強するようになりました。

そのうちに、
生きることが嫌で仕方なかった私が、こう思うようになっていくのです。

「一度きりの人生、後悔したくない。
このままだと、死ぬときに絶対後悔する。」

「どうせ生きるなら、苦しみから逃れてラクに生きたい!
幸せになりたい…!」

そして、自分も環境も変えようと思うようになったのです。

ここらへんの話は、これらの記事に詳しくつらつらと書いております。
幸せな仕事、幸せな人生とは【マレーシアで出会った1人の男性の話】
会社辞めます。【自分が会社員に向いていないことを悟った日】
よろしければ、どうぞ。

ストレス源となる人々や環境から離れた今はというと…

非常に心安らかに日々を送っています。

メンタル改善トレーニングを行いつつ、
自分が大事にしたい価値観(心と身体を健やかにする、自然と触れ合う時間を設ける、新しい体験を積極的にする…など)になるべく忠実に過ごせるよう意識しています。

色々なことがあったけれど、生きてて良かった。
今、私は幸せです。

どんなに苦しくても、人は変われる

森の中の公園にて。

このプロフィールの中で、私が一番読者の方に伝えたいことです。

過去に何があろうが、
いくら長いこと引きずっていようが、
「変わろう」と行動し始めたら、人は変われるんです。

他人のせいにしても、自分の現状は何もよくならないんです。
他人に期待しても、他人は変わっちゃくれません。
逃げて環境だけ変えても、自分が変わっていなければ、結局同じようなことの繰り返しになるんです。

人生変えたきゃ、自分が変わるしかない。
なぜなら、
自分の人生を形作るのは、すべて自分の選択と行動だから
です。

地獄の実家から出たのも、
苦しいだけの結婚生活にピリオドを打ったのも、
ストレス対策を学んで実践したのも、
心身蝕む職場から離れたのも…
一人旅を始めたのだって!

全部、私が選んできた行動なのです。

最善だったのかは分かりようがありませんが、
私は自分の選択を一切後悔していません

自分自身がそう思えることが一番大事です。

このブログが少しでもあなたの役に立ちますように

海外の水族館の一枚。水族館っていいよね。

そうは言っても…
現状を変えるって「ホイ!」と一瞬で簡単にできちゃうようなものではないですよね。

それこそ離婚とか会社辞めるとか、大多数の人たちは多分、悩んでてもなかなか選ばない選択肢だと思います。

だからこそ、
人と違う生き方を選んだ人の経験や学んできた知識が、
誰かの役に立つことがあるんじゃないか、と思うのです。

悩んでるときって大抵視野狭窄に陥っているので、
そこから抜け出すためには別視点の考えが必要になってくるんですよね。
同じ考え方だと同じ答えしか出てこないんで。

そんな時「こんな生き方してる人がいるんだ…」と知ることで、
解決に向けた選択肢が増えたり、
ひらめきのきっかけになったり、
反面教師になったり笑
はたまた単純に「へーそんなことあるんだ」というように楽しめたり。

今まで、私も色々な方々の発信する情報に散々助けられてきました。

だから私も、
苦しんでたり困ってたりする誰かの、ほんの何か役に立てればと拙いブログではありますが、発信していきます。

このブログの内容ですが、
メインはタイトルどおり旅のことにしたいのですが…何せ今コロナで世界中が大変な状況ですからね。どうなることやら。

そのうち書き溜めていけば、
カテゴリーでまとめて別サイトでも作ろうかな、とは一応思っとります。

今は色々な話が乱立してて見ずらいかもしれませんが…すみません!

まあ、ぼちぼち。

ではでは、
最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました