※当ブログでは広告利用あり

ジョージタウンのスーパー『Village Grocer』のご紹介【2023ペナン島一人旅⑥】

どもども!
海外のスーパー大好きブログ主だ。
「同じく!」という同志の皆さん、ようこそ。

というわけで、
今回はマレーシアのペナン島旅行記第6弾として、ジョージタウンの中心部にあるスーパー『Village Grocer』のご紹介をしよう。

・ジョージタウンのスーパーについて知りたい人
・ジョージタウンでの滞在中、自炊したい人
・安くお土産買いたい人
・海外のスーパー情報に興味がある人

以上のような興味をお持ちの方には、そこら辺に転がっている空き缶よりはきっと役に立つ情報となっているはずだ。

というわけで、ジョージタウンでのスーパー探検の旅へレッツゴー!!

スポンサーリンク

スーパー『Village Grocer』の場所

このスーパーは前回記事にて紹介したゲストハウスのオーナーに教えてもらった。

市内中心部に林立するショッピングモールの1つ、1st Avenueの地階にある。

ちなみにブログ主がなぜスーパーに行ったかというと、野菜を買うためだ。

摂食障害に大いに苦しんだ時期もある(今も完全に消えたわけではない)ブログ主だが、今は健康な食生活をなるべく送るよう心がけている。海外旅行中はどうしても外食メインの不摂生がちになるので、野菜摂取のためサラダを自作しようと思って食材調達に向かったのだ。

宿がゲストハウスなのでキッチンや食器があり、サラダくらいの自炊なら簡単にできるのがありがたいところ。

いざスーパーへ突撃!

スーパーの外観はこんな感じ。

当たり前なのだが「海外のスーパー」って感じがプンプンしていて、テンションあがる。

まずは野菜や果物売り場から。

通常日本では見かけないフルーツが沢山。売り場の匂いも当然エキゾチック。

フルーツ以外にも空芯菜など葉物野菜もドカッと盛られて売っていたが、これら大部分がkg単位での売り方となっていた。一人暮らしの人とかあんまいないのだろうか。

この店では、バナナは吊るして売るものらしい。初めて見たかも。

お次は、お目当ての葉物野菜売り場。

カット済みのサラダ用野菜や、パック詰めのレタス系など種類豊富だ。

結構種類多い!しかも一つ一つのサイズが結構大きい。
よくよく見ると、セロリとかオーストラリアからの輸入品も結構あるようだった。

お次は、日本からの輸入野菜コーナーがあったので激写。

異国の地で見る日本語に少しホッとする。さつまいもって、英語名このままなのか…。

さらに次はヨーグルトコーナー。

ギリシャヨーグルト、1Kgパックとかサイズがでかい!!もはや小さいバケツである。

これを見て「アメリカ女子が失恋してバケツサイズのアイスクリームヤケ食いしてるシーン、何かで見たことあるな…」と思い出した。
ついでに「このヨーグルトなら、ヘルシーに代用できるのでは??」としょーもないことを何故か考えてしまったブログ主であった。
でも、実はバケツアイス直食いにちょっと憧れがあったりする。同志がいれば嬉しい。

アイスはさておき、日本でもギリシャヨーグルトを大きいサイズで売ってくれたらいいのにな~。まあ1kgはいらんけど、500gくらいで。

ちなみにお値段は、ギリシャヨーグルト1kgで32.90RM(約987円)なので、結構お高めだ。隣の普通のヨーグルトは1.5kgで17.90RM(約537円)なので、こっちはびっくりするくらい激安である。

勿論、こんなバケツサイズだけでなく、小さい1食分サイズも沢山あったのでご安心を。

次にブログ主が見に行ったのは、缶詰コーナー。
「体に良い魚を手軽に食べたい」というのが理由である。

これ、ほぼ全部ツナ缶。「TUNA」のオンパレード。
味付けがかなり豊富で、ガーリックオイルとかトマト&オニオン、マンゴーチリとかなんか美味しそう。

下の方には、イワシもあり。
すごい、本当に魚の缶詰の種類(味付け)が豊富すぎる。

こちら、チキンとサーモンに挟まれているのは、何とエスカルゴ!こんな缶詰あるのか…

お次は、パンコーナーへ行った。
お店の隅っこの方にある小さい売り場だったので写真は撮っていないが、ここで何と、クアラルンプール国際空港で見かけた美味しそうなビッグサイズのバナナケーキと再会。

↑写真の向き回転させてるので、違和感あるけどスルーしてね

6RM(約180円)と全然手の出る金額だったので購入。美味しかった!

スーパーと言えばご当地のお菓子なども豊富に揃っている。
「職場のバラマキ土産とか安く買いたいな~」って人には、スーパーで買うのがおすすめだ。空港の免税店などでも土産物は売っているが、大抵の場合はスーパーのほうが安い。

ブログ主が買ったもの

さて、ブログ主がスーパーでゲットしてきたものをご紹介しよう。

じゃん。
健康的すぎて「つまんね」とここで見るのを辞めようと思った、そこの君ぃ!私は始めにサラダ用野菜の買い出しに行ったと言ったぞ。

一応説明しておくと、
左からレタスまるごと、カットされたケール、人参、ザクロ(50%引きのシールにつられた)、イワシのトマト煮缶詰だ。

何とヘルシーなのだろう…今までの海外旅行では考えられないラインナップである。
※↓今までのヘルシーさの欠片もないラインナップたち

ただ、安心してほしい。
勿論、今回のペナン島旅行でも、ちゃ~んとカロリー爆弾的なジャンクな料理も沢山食べている。後日別記事にて紹介予定だ。

テキトーサラダ、そして最凶フルーツとの闘い

で、野菜を適当にちぎったり切ったりして、出来上がった夕飯がこちら。

さあ、なんと美しい盛り付けだろうか?
これぞ、テキトー人間の仕事っぷりだ。食べれたらヨシ!

イワシの缶詰も、面倒なのでそのまま缶から直食いといいうワイルドさ。
ドン引きし泣き叫びたい人がいたら、どうぞご自由に。ブログ主には何も聞こえない。

さて、値引きに惹かれて買ってみたザクロ。
こいつはどうやらかなり体に良いらしいのだが、日本では中々売っていないので、ブログ主も食べるのは初めてである。

割ったら、こんな構造になっている。

ネットでどう食べるか調べた所…

何と、中の赤い粒々しか食べられず、白い薄皮部分には毒(!)がある。らしい…

どうやら、やばいフルーツを買ってしまったようだ。
ここから、地獄の作業が始まった。

ネット情報に従い、白い薄皮と可食部の赤い粒との分別作業をひたすら行う。

パッと見すぐ終わりそうに見えるかもしれないが、細かい薄皮が割とたくさんついているので、これらを取り除く作業が延々と続く。毒にビビっているのもあり、作業は難航した。

ずっとシンクに屈みっぱなしなので、腰が痛くなってきた。
「なぜ私は、異国の地でこんなことをしているんだ…?」ともはや考え出すほどの、面倒くさい作業。

肝心のお味だが、酸味が程よくて結構美味しかった。

でも、面倒くさい。

あまりにも面倒くさい。

間違いなく1つ言えるのは、
ブログ主はもう二度と生の状態のザクロは買わないであろうことだ。何か簡単に食べれる裏技があるなら別だが。

以上、ある意味最凶フルーツとの邂逅であった。

ではでは、
今回のジョージタウンでのスーパー紹介記事は以上だ。
今日も最後まで読んでくれてありがとう。

次回は、
お待ちかね!ジョージタウンで食べたグルメ紹介だ。
今回とは打って変わって、カロリーに満ち溢れた食事が沢山あるので、お楽しみに!

★2023年マレーシア・ペナン島の旅行記一覧はこちら

↓旅に出るなら、ポイントも貯まる楽天トラベルいかが?

tonamo

一人旅と自然が大好き30代女。
昔から「海外ぶらぶら気ままに放浪してみたいな~」という憧れを抱いていたが、社会のレールから外れるのが怖くて諦めていた。
しかし「このままじゃ最期に後悔する人生になる」と気付き、生き方をガラッと変えるべく毎日鋭意奮闘中。

tonamoをフォローする
2023ペナン島旅行
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました