※当ブログでは広告利用あり

ジョージタウンってどんな所?行き方、ストリートアートや街の様子をご紹介【2023ペナン島一人旅⑧】

ども!旅好きなブログ主だ。
マレーシア4回行ったけど、人優しいしご飯美味しいし大好きな国だ!

この記事では、
マレーシアのペナン島ジョージタウンに少し興味あるんだけど、どんな所か実際の雰囲気を知りたい!!
という方に向けて、
ブログ主が2023年6月に訪れた体験に基づいて、以下の情報をお届けする。

  1. ジョージタウンへの旅 基本情報
    ・日本からのペナン島への行き方(飛行機乗り継ぎ) 
    ・物価(ご飯と宿)
    ・島内での移動手段(バス)
  2. ジョージタウンってどんなとこ?
    ・街並みやストリートアート、自然豊かな公園の様子などなど

もともとジョージタウンに興味があった人も、今はそうでもない人も、
「何か面白そう~行ってみようかな!」
と思うきっかけの1つになれば、ブログ主は泣いて喜ぶぞ。

※ちなみに前半部分は過去記事と内容が被るので、これまでのペナン島旅行記事をもし読破してくれた聖人がいれば、目次の3-2からが新しい内容となっているので、好きに使っておくれ。

スポンサーリンク

基本情報

日本からペナン島への行き方

飛行機

一番早いのは、もちろん飛行機だ。
ただし直行便はないので、クアラルンプールなどで乗り継ぎをすることとなる。

乗り継ぎについての記事はこちら→クアラルンプール国際空港でのLCC乗り継ぎと便利な設備等の紹介【2023ペナン島一人旅③】

今回ブログ主は安く旅をしたかったので、LCCのエアアジアを利用した。

その時の値段も含め、実際に乗ってみたレビュー記事はこちら→LCCはやめたほうがいいって本当?エアアジアで長距離フライト乗ってみた本音レビュー【2023ペナン島一人旅②】

クアラルンプール⇔ジョージタウンの陸路移動について

飛行機以外にも、クアラルンプールから陸路(電車orバス)で、ペナン島対岸の町バタワースまで移動し、そこからフェリーでジョージタウンへ渡る方法もある。

ブログ主は帰路であるペナン島→クアラルンプールまでを陸路移動した。

バタワースからKTMという電車に乗るつもりが、ペナン島でのバス遅延や乗り継ぎに失敗し、間に合わず。

仕方なくバタワースから長距離バスに乗ってクアラルンプールまで移動したのだが、正直あまりおすすめしない。
何故なら、バス出発前から遅延しまくりで、全く予定通りに着かなかったからだ。(本来のスケジュールでは4時間で着くはずが、2時間多くかかって到着した。)
電車ならマシなのかもしれないが、試してないので何も言えず申し訳ない。

物価(食事とゲストハウス)

マレーシアの通貨はRM(リンギット)で、1RM≒30円くらい。

ブログ主の食べたご飯は、メニューにもよるが1.5~14RMくらい、外資のスタバで飲み物+ドーナツで24.5RMであったのが最高値(!)である。それでも日本円にしたら800円未満なので、お安く旅ができる国だ。

詳しくはこちら→どれが食べてみたい?魅惑の海外グルメ@ジョージタウン【2023ペナン島一人旅⑦】

宿は、ゲストハウスしか泊まっていないが、女性専用ドミトリーで3泊203.25RM (6,275円)だった。

詳しくはこちら→ジョージタウンのゲストハウス『24 Kimberley』に泊まったレビュー【2023ペナン島一人旅⑤】

島の公共交通機関(バス)

ペナン島内には電車はないが、バスが走っている。
遅延は頻発するが、結構本数もあるし島中に路線があるようなので、安く旅したい人にはピッタリである。
ブログ主は、空港から市内までは勿論、ジョージタウンでの滞在の後、島の西側エリアへ移動するにもバスを使って安く移動した。

空港から市内までのバス

バスの乗り方や車内の様子についてはこちら→ペナン国際空港からジョージタウンまで路線バスに乗ってみた【2023ペナン島一人旅④】

無料の巡回バスCATバスについて

また、ジョージタウン中心部を回る無料の巡回バス(Central Area Transit、略してCATという呼称)がある。Rapid Penangの公式サイトによると、運行時間は朝6時~夜11時45分まで、10~15分間隔で運行しているようだ。
↓CATバスの路線マップ

「ストリートアートを見て回りたい!色々散策してみたい!」人にはとっても便利であるし、「遠くまで歩いてきちゃったけど、帰りしんどいな~」って時にチョイっと乗るのもアリだ。無料って素晴らしい。

英語だが、こちらのmyPenangというサイトに、CATバスの停まる場所の観光情報などが書かれているので、興味あればどうぞ。

↑普通のバス停

↑難易度高そうなバス停。「これ本当にバス停か?」と思ったが、GoogleマップではちゃんとCATのバス停として表示されていた。

ここで、ブログ主がリトルインディアまでCATに乗ろうと待っていた時のこと。
バスがやってきたので、バスを止めようと手を挙げたが…

バスは一切速度を落とすこともなく、スルーしていった。

ブログ主の心境は、悲しさと恥ずかしさと怒りのごちゃまぜミックス。
他のちゃんとしたバス停なら、手なんか挙げなくても停まってくれたのに、なんでやねん!!

…というわけで、
皆さんが「海外のバスを絶対停めれる旅人スキル」をお持ちでないなら、他に人が待っているちゃんとしたバス停を使うようオススメする。

ジョージタウンの街並み

ストリートアート

ジョージタウンには、壁などを利用したストリートアートが数多く存在する。
それらをお目当てに行くもよし、たまたま見つけて喜ぶもよし。

たまたまブログ主が見つけたものをご紹介。

すごいなあ~。よくわからんけど、見てるだけで何か楽しい。

街歩きで見かけた光景

↑東南アジアでよく見る、ガラガラのショッピングモール

↑↓ジョージタウンの北側から見る海。
水はあまりキレイではないが、それでも景色としては美しい。

↑↓フェリー乗り場近くの、Queen Victoria Memorial Clock Tower(ビクトリア・メモリアル時計台)。

↑歩いていたら、砲台の跡地らしきものを発見。

↑コーンウォリス要塞とのこと。有名観光地であった。

↑↓Chowrasta Market(チョウラスタ市場)。海外の市場って見てるだけで面白い。

↑スパイスが激安。クローブこれだけ入って5RM(約150円)!

↑↓こんな小さい路地なのに、カラフルで可愛らしい!

↑おしゃれかわいいデザインのロゴ。

↑中華系の人も多いので、漢字もたくさん。

↑↓Sia Boey Urban Archaeological Parkでは、手作り品などのマーケットが開催されていることがあるようだ。

覗いてみたら、ハンドメイドアクセサリーやお菓子、コーヒー豆など様々なものが売っていた。日本人のアクセサリー作家さんも出店していたので、少しびっくり。

建物の裏手には、広い自然たっぷりの公園。きっと夜には、吊られているランタンに明かりが灯ってキレイなんだろうな~。

↑観光客を乗せるやつ。
そういえば、運行中の様子は一度も見かけていないことに今気づいた。

↑汚いもので申し訳ないが、ポイ捨てされているゴミにも異文化プンプン。

心癒される南国グリーン

マレーシアは熱帯気候なので、植物がでかくて元気!
街中にもグリーンが豊富なので、ただ街を歩いているだけでも心癒されまくることだろう。

↑Armenian Park。

↑街路樹(?)も超巨大に成長。

↑おや、歩道沿いの左手に何かあるぞ…?

↑撮影スポットのお出まし。
場所はPenang Esplanade 沿いにある、だだっ広い公園↓

↑ブランコがあったので、遊んでみた30代半ばのブログ主。きっと皆も本当はブランコ好きでしょ?

猫たち

ペナン島には猫がかなりたくさんいる。
多分ほとんど野良っぽく、警戒心強めの子たちが多い。

↑兄弟かな?

↑仏像の足元でくつろぐにゃんこ様。

↑ジョージタウンのグルメ記事でも紹介した、唯一の人懐っこいにゃんこ様。

ブログ主が立ち止まるなり、寄ってきてくれた。神!

↑至福。それ以上の言葉は見つからない。

おわりに

さて、今回のジョージタウン紹介はここまでだ。
最後まで読んでくれてありがとう!

この記事がほんの少しでも、あなたの旅好きな人生の役に立てたならブログ主は嬉しい。

次回は、ペナン島西側エリア、ペナン国立公園のある、のどかな田舎街テロック・バハンでの話だ。
お楽しみに!

★2023年マレーシア・ペナン島の旅行記一覧はこちら

↓旅に出るなら、ポイントも貯まる楽天トラベルいかが?

tonamo

一人旅と自然が大好き30代女。
昔から「海外ぶらぶら気ままに放浪してみたいな~」という憧れを抱いていたが、社会のレールから外れるのが怖くて諦めていた。
しかし「このままじゃ最期に後悔する人生になる」と気付き、生き方をガラッと変えるべく毎日鋭意奮闘中。

tonamoをフォローする
2023ペナン島旅行
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました