ふとビールが飲みたくなった、ある秋の夜【Tの日常】

Tの日常

急に寒くなった、ある秋の夜のこと。

その日は、残暑厳しい日々の中突然訪れた、秋らしい爽やかな涼しさの日だった。

Tはその日、珍しく仕事終わりが遅くなった。

職場を出たのは、早い日なら既に帰宅しているような時刻であった。

秋の夜風に吹かれ、すっかり夜の暗さになった街を歩く。

ふと、
Tは「ビールが飲みたい」という欲求を感じた。

これは彼女にとってはとても珍しいことであり、数年ぶりに感じる欲求であった。

というのも、数年前に酒を飲んで体調不良に見舞われて以来、怖くなって酒から遠ざかっていたのだ。

「飲みたい」という欲求すら沸き起こらなくなっていたというのに。

珍しいこともあるものだ。

それならば、と彼女は素直に感情に従った。
久々に居酒屋なんかに行って、ちょいと飲んでみようか。

1人でも行けそうな、良さげなお店がないかな。

そう思ってスマホを取り出し、付近のお店を探し始める。

乗り換えする駅の近くに、それなりにお店があったような。
よし、と狙いをつけて行ってみた。

平日だがお店はちらほら賑わっている。
皆誰かと一緒にいる。がやがや。

彼女は1人。

…どうしよう、怖くて入れない。

そう、Tは自意識過剰な内向的人間であった。一人旅なんかしているくせに。

店頭に置いてあるメニューを見ても、1人で食べるのにあまり向いてなさそうなものばかりに思える。

でも、
思いの外寒いし、もうお腹減りまくっているし、早くどこかのお店に入りたい。

それなのに、いざ目の前にすると、なんか微妙に思えて抵抗感を感じてしまう。

おまけに、入るための一歩の勇気も出てこない。

↑入れなくて悲しい様子をカオナシさんで表現。あれ、尻尾は要らんかった…?

この既視感…
モアルボアルでバーに突撃しようとした時と同じやないか。

ひとしきりウロウロして、結局諦めて帰路についた。

こうして、
かなり久々に感じた飲みの衝動は、
同じく久々に感じた自意識過剰の恐怖に打ち負かされたのだった。

ああ…
自分に負けた。
飲みたかったのに。

お店でビール飲んで、あわよくば他の人と仲良くなったりして飲み友作りたかったなあ…

風が吹き荒れて寒い。
半袖から丸出しの腕は、鳥肌総立ちだった。

昨日作った豚汁、食べよ。

Tはトボトボと家に帰り、沢山作った具だくさんの豚汁を電子レンジで温めて食べた。

↑手作り豚汁。本当はもっといっぱい食べた。

うん、美味しい。
私天才だわ。

思いの外、満足した。

ビールも外食も、新しい飲み友達も、また今度リベンジしよ。

そう思ってTは、
久々にエアコンなしで快適に過ごせそうな涼しい秋の夜を1人過ごしたのであった。

tonamo

会社員辞めて自由に生きるため奮闘中のアラサー女。
・旅と自然が好き。
・メンタルに弱く心身壊して休職。復職後、過食症になり10kg太る。ストレス対策学んで実践しまくり早2年。
・メンタル改善した結果、自分は会社員に向いていないと気づき退職決断。
・ダイエットのため始めた自宅筋トレ継続2年目。かなり引き締まり、今はプリケツに憧れトレーニングに励む。

tonamoをフォローする
Tの日常
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました