注射が怖い超ビビリが献血に初挑戦した話

人生 悲喜こもごも
スポンサーリンク

注射が大の苦手
怖がり超ビビリ
血の話で気分悪くなる

今回は、
そのような全くもって献血というものに向いてなさそうなTという一人の女が、献血に初挑戦した話をしよう。

しかもTという女、その後献血にハマりつつあるので世の中何が起こるか分からないものだ。

スポンサーリンク

注射苦手の超ビビリが初献血に挑戦!

時は2020年12月某日。

Tにとって、その日は特別な日だった。

この世に産声をあげて以来、初となる「献血」に挑戦する日なのだ。

Tは注射への恐怖心が強く、怖がりである。

さらに血の話などを聞くと腸(はらわた)がよじれるような気持ち悪い感覚に襲われるといった超チキンで豆腐メンタルの持ち主だ。

なぜ、
そんな明らかに献血に不向きな人間が、挑戦しようと考えたのか?

実は、当時Tの勤め先は赤○字だった。
職員であるが故、一度は献血に協力しておかなければ、との思いを(個人的に勝手に)抱いていたのだ。

これまで職場に何度か献血バスが来ていた。
何度か「やってみるか?」と考えたものの、本気で考え出すと若干青ざめて気分が悪くなるほど注射関連が苦手なのだ。

献血してみたいけど、怖い。
いつも恐怖が勝っていた。

しかし、今回はラストチャンスだった。
Tは退職が決まっていたのだ。

そこで腹をくくって、回覧で回ってきた献血募集に申し込んだのであった。

ビビりまくるも、案外あっさり終わる

そして迎えた献血当日。

予定時刻になり、Tは席を立って献血会場へ向かった。
その足取りは恐怖と緊張で重かった。

受付スタッフに顔見知りがいて少し気持ちが軽くなる。

問診での様々な確認事項に引っかかることもなく、
事前採血検査での数値も問題なく突破した。

「いい血管!どちらの腕でも問題なく採血できそうですね!」と、
看護師さんがTの両腕の血管を確認しながら朗らかに言った。

そう、
Tの腕は昔からよく血管が浮き出ており、
採血にピッタリの腕なのだ。

小学生の頃、
男子に言われた「お前の腕、男みたい」という言葉をTは今でも覚えている。それ以来、自分の腕を多少恥じるようになり、コンプレックスの一つとなっていた。

そんなコンプレックスの腕が役に立つことがあったとは!
Tの胸中に湧いたのは何とも言えない不思議な感情だったが、喜び成分が多いのは間違いなかった。

お見苦しい写真ではあるが、Tの腕

そんな喜びも束の間。
献血バスの席が空くまで待ってる間に、再び不安と緊張が高まる。

怖い…。
やめたい、
でもやめたくない。

無情にも呼び出しが来た。

も う 引 き 返 せ な い 。

建物から出て、寒さと緊張で震えつつバスへ向かう。

初めて乗る献血バス。

そこは暖かく、看護師さんや献血者のおしゃべりで活気に満ちた様子で少し安心した。

さらにありがたいことに、担当の看護師さんがとても陽気で話し上手だった。
おかげで不安でブルブルだったTの強張りはかなりほぐれた。

そして、ついにその時が訪れる。
「じゃあチクッとしますよ~」

ついに針が刺された。
やはり、その瞬間の痛みはある。

でも耐えられる。

1時間以上も針が刺さりっぱなしの点滴でも大丈夫なんだから献血も大丈夫なはずだ、とTは自分に言い聞かせる。

看護師さん「めちゃくちゃ順調に取れてますよ~」

首尾よく採血が進んでいると聞くだけでも安心できた。

この看護師さんは本当に話が面白く、Tは何度もでかい声で笑ってしまった。

笑っているうちに
「はい、終わりましたよ!」

おそらく5分も経っていないはず。
早!!
もう400mlも取れちゃったの!?

こうしてTの初めての献血は、あまりにあっけなく終わった。

コンプレックスが強みに変わった

看護師さんから「今日の人達の中で一番早いかも」と言われた。

マジか!

恐怖時間が終わった安心感に加え、
予想外に褒められたことによりTのテンションは上がった。

「私すげーんじゃ??」
「もしかして…私の体ってめちゃくちゃ献血向きなのか!?」

人によっては血管が細かったりして針がうまく刺さらなかったり、刺さってもなかなか血が取れなくて時間がかかってしまったりして双方大変な場合もあるだろう。

しかしTの場合は…
・貧血知らずの血液の濃さ。
・血管が太く浮き出ているので、針を刺すのが簡単。
・血管が柔軟で血の出が早く、すぐ採血終了する。

これは…もはや献血の申し子か?

「注射コワイ、血コワイ」のメンタルさえ強化されれば、完全に献血向きな体なのかもしれない。

初めての献血で、Tは自分の知らなかった新たな強みに気づいてしまった。

あんなに怖くて避けていたのに。

初めて知る尊い感情

献血が終わり、Tの心にはこれまで感じたことのない感情が湧き上がった。

的確な表現が未だに思いつかないのだが、その感情はとても尊く、きれいな感情だった。

「今日、自分が勇気を出して献血した血で誰かの命を救えたのかもしれない。」

医療従事者でもない自分が、間接的にでも誰かの命を救う助けができたんだ、とじわじわ感動の念がこみ上げる。

そして、Tは自分自身を少し誇らしく感じるようにもなった。
こんな自分にもできることはあるのだ

そう思うと、痛みや恐怖など全く気にならない。
輸血が必要な患者さんは、きっともっと苦しい状況下にあるのだから。

ちなみにTは採血終了後、初めての献血の達成感のあまり軽くスキップして気分が悪くなったのだが、そんな苦しさよりも、初めて知るこの清らかな尊い感情のほうがよっぽど強かった。
(献血スタッフの皆さん、あの時はご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。)

そして献血にハマりだす

Tの献血カード。WEB会員入ってるので、そういえばカードの絵柄変えれるんだったな。

この初めての献血以来、Tは献血に協力するようになった。

数カ月後400mlをもう1回し、
その後成分献血にも挑戦した。
まずは血漿、
そしてこの数日前には血小板も初めて経験した。

やはり血液的には恵まれているらしい。

この行いで誰かを救えるなら、今後も継続して献血していこうとTは考えている。

献血というのは、想像とは違って、
自分のメンタルにとって好影響な上に誰かの命を助けることができる素晴らしい行為だと知ってしまったTは、もう以前のただ恐怖に怯えていたTではない。

勿論、今でもやはり緊張はする。

正直、成分献血も初めての時はめちゃくちゃ恐怖でブルブルしていた。

しかし、一度経験すると恐怖心はほぼ消えた。
ただ、未知のものが怖かっただけなのかもしれない。

知らないものを知ったり未知へ挑戦することで、人は簡単に変われるのだ。

献血がてら久々に地元・京都へ。東福寺で紅葉を楽しむ。

さて次はどこの献血ルームへ行こうか。

Tにはこんな新しい楽しみもできたのだ。

こんな記事だけど、これで献血仲間が増えたらこの上なく嬉しい。

ではでは!

tonamo

会社員辞めて自由に生きるため奮闘中のアラサー女。
・旅と自然が好き。
・メンタルに弱く心身壊して休職。復職後、過食症になり10kg太る。ストレス対策学んで実践しまくり早2年。
・メンタル改善した結果、自分は会社員に向いていないと気づき退職決断。
・ダイエットのため始めた自宅筋トレ継続2年目。かなり引き締まり、今はプリケツに憧れトレーニングに励む。

tonamoをフォローする
人生 悲喜こもごも
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました