「ダイビングやってみたいな~」という方へ、ダイビングについてご説明!①

スポンサーリンク
石垣島でダイビングした時のボート上での1枚。

 

はーい!どうもダイビング好きtonamoです。

今回は、「ダイビング興味あるなあ~。海の中自分の目で見てみたいな~。でも何をどうやったらいいんだ?何かライセンスいるらしいぞ?なんだそれ?」という方へ、ダイビングのことを書いてみようと思います。

長くなるので、以下のように記事を分けました。

  • ①Cカード、体験ダイビング、年齢について(本記事)
  • ②講習内容、ダイビングの魅力について

さあ、行ってみましょう!

スポンサーリンク

ダイビングライセンス(Cカード)とは何ぞや?

まず、ダイビングをするにあたって必要なライセンスについて。

ダイビングをするには、基本的にはCカードが必要です。一般的にはダイビングライセンスという言い方をされますが、正確にはCカード(CはCertification、つまりCカードは認定証という意味)といいます。

法律で定められたような、公的機関で発行されるものではありません。いくつかある民間のダイビング指導団体(PADI、NAUI、SSI、CMASなど)によって定められた講習を受けて、知識・技術を習得し認定されることで取得できます。

ちなみにCカードは1種類ではなく、ランク別に種類が分けられています。ランクが上のCカードを取得すれば、潜れる深度が深くなったり、できることが増えていきます!

例えば、私の持っているCカードは、PADIという指導団体の、オープン・ウォーター・ダイバーです(名称は各団体毎で異なります )。これはダイビング始めるならまずここから、というエントリーレベルで、潜れる深度は水深18mまでです。

私がPADIを選んだ理由は、一番規模が大きいからですね。国際的な指導団体を選べば、国内はもちろん海外でもCカードが通用するので、大体どこでも潜れます。ただ、知名度のあまりない信頼の低い指導団体を選んでしまうと、海外で通用しないことがあるようです。

「え~」と思った方!ググれば簡単に出てくるような、国際的な大きい指導団体選べばいいだけだから、安心してください!

体験ダイビングについて:ダイビングに興味があって試しにやってみたい方にピッタリ!

「え、Cカード持ってないとダイビングできないの?」

いえ、できますよ!でも、できるのは体験ダイビングというものだけです。

体験ダイビングは、最初に簡単なレッスンを受けて、インストラクターが常に見てくれている状態で、安全性の高くて比較的浅い場所でダイビングを体験する、というもの。未経験で、「ダイビングってどんなものか試してみたい」なんて方にはピッタリです。

勿論、怖いと感じたりパニックになってしまったりすることもあるかもしれませんけれど…

想像してみてください。テレビや写真や映像でしか見たことのなかった、海の中の世界が360度自分の周りに広がっている様子を!

すごく素敵な世界ですよ。興味ある方は是非トライしてみてください!人生に新しい楽しみを与えてくれるきっかけになると思います。

 

「体験ダイビングでもできるなら、わざわざCカード取らなくてもいいじゃん。」

はい、よくぞ聞いてくれました!体験ダイビングは、未経験者でも体験してもらえるよう作られているコースなので、安全のために色々制限があるんですよ。浅めの場所しか行けないし、時間も短いし、毎回レッスン受けなきゃいけないし、そもそも決められた場所しか行けません。

一度ダイビングの魅力を知ってしまうと、体験ダイビングの内容だけでは満足できないと思います!(体験ダイビングしたことないけど笑)

もっと色んなものが見たい、色々な場所に行きたい、この地域にはこの生き物がいるみたいだから見てみたい。

そう思っても、体験ダイビングだけではそういった欲求を満たすことはできないでしょう。何かあってインストラクターがすぐ助けられるような安全な場所・範囲でのダイビングしかできないからです。それに、旅行に行って何日かダイビングしよう!と思っても、いくら体験ダイビングを何度もしていても、毎回レッスン受けなきゃなりません。しかも、もしかしたら毎回同じ場所かもしれませんしね。

なので、より充実したダイビングをしていきたいなら、Cカード取ったほうが圧倒的に選択肢が広がりますよ!Cカード取得者は、ファンダイビングという体験ダイビングより自由度の高いコースを選ぶことができます。より深く潜れるので、当然見えるものも変わってきますし、場所も体験ダイビングでは行けない場所へ行けます。

ファンダイビングは、ダイビングショップが参加者のCカードランクや経験本数などをもとにグループ分けをして、レベルに見合った場所へ連れて行ってくれます。

「ここに行きたい」「この生き物が見たい」など要望があれば、可能な限り応えてくれたりします。水中でも、インストラクターが見える範囲内であれば自由に動けます。私は水中ではぐれたら怖いので基本的にインストラクターに近い場所にいますけど笑 でも、気になるものがあればじーっと見ていたり、好きなように楽しんでいます。

1日に潜れる本数も多いですし、複数日ダイビングする場合も、毎回違う場所へ連れて行ってくれます(都合により、同じ場所になることもあります)。

年齢制限ってあるの?こんな年でも始めていいの?

年齢制限ですが、PADIのオープン・ウォーター・ダイバーの場合、15歳以上からOKです(ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバーであれば10歳以上)。PADIのサイト見てもそれしか書いていません。

つまり…上限制限はない!あなたが15歳以上であれば、思い立ったその時に始めればいいわけです。一度取得すれば、有効期間もありませんので更新の煩わしさもなく、いつまでも楽しめます。

私が今までダイビングして出会った方々は老若男女様々でしたよ!

若い大学生ぐらいから、一番最高齢は80代(!)のおばあちゃまでした。その最高齢の方は、 ダイビングへの参加はお一人のようで ダイビングショップの方に色々手助けしてもらっていましたが、それでも海外に来てダイビング現役とは…!すごいなあ、何歳になっても好きなことやってるっていい生き方!と感動しました。

それと、一番多く出会った年齢層は、ミドルな方々でしたね~。長年やっているような、自分のダイビング器材持っていて、大きな水中カメラも複数個持っているような方もありました。

要するに、年齢は全く関係ない!ということです。

あれですよ、今この瞬間がこれからの人生で一番若い時だし、「こんな年齢で始めても…」なんて思ってるだけ時間がもったいないですよ。やってみたいなら、やってみればいいじゃないですか!

世界は広くて、色々な人がいます。「そんな年から?」って言ってストップかけてくる人もいれば、もっと上の年齢で新しいことにチャレンジしている人もいます。自分の人生、どう生きるかはあなた次第ですよ!

 

②に続きま~す。

tonamo

会社員辞めて自由に生きるため奮闘中のアラサー女。
・旅と自然が好き。
・メンタルに弱く心身壊して休職。復職後、過食症になり10kg太る。ストレス対策学んで実践しまくり早2年。
・メンタル改善した結果、自分は会社員に向いていないと気づき退職決断。
・ダイエットのため始めた自宅筋トレ継続2年目。かなり引き締まり、今はプリケツに憧れトレーニングに励む。

tonamoをフォローする
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました