※当ブログでは広告利用あり

【和歌山市】美味しいケーキや紅茶、さらに猫も楽しめるティーサロン『カラバティー』に行ってみない?

アフタヌーンティが好きな方、
落ち着いた素敵空間でケーキと紅茶を楽しみたい方。

和歌山市に素晴らしいティーサロンあるので、今日はご紹介したい。
お店の名前は『カラバティー』さん。

ブログ主がこのお店を推す理由は、美味しさや雰囲気の良さだけではない。

猫だ。

もう一度言う。
このお店、猫カフェではないが猫がいるのだ。

しかも、気が向けば膝に乗ってきてくれるという、我々人間にとってこれ以上の至福はないのではないかという尊いラッキーも起こり得る。

↑尊いラッキーの瞬間

勿論、ケーキや紅茶のレベルも高くしっかり実力派。

こんなとんでもない天国が、天上ではなくこの地上の和歌山市にあるのだ。これはもう行くしかない。
猫という生き物に魅せられた、すべての甘いもの好きに全力でオススメする。

スポンサーリンク

『カラバティー』の場所

南海・和歌山市駅より徒歩10分ほどの場所にある。

和歌山城のすぐ近くなので、ついでにサクッと観光も楽しめる。

お店の定休日は変わることがあるので要注意。ブログ主が直近で訪れた2023年6月では火・水・木が定休日であった。

初めてお店へ行った時のこと

ブログ主が初めて『カラバティー』へ訪れたのは、2022年10月のことだった。

お店の入り口の様子。

そこは、併設の『ケイト シィ』というパティスリーのケーキと、日本紅茶協会の「おいしい紅茶の店」という認定を受けた紅茶が楽しめる、落ち着いた雰囲気のこじんまりとした素敵なお店だった。

ちなみに、店内でケーキを食べたい場合は、先に『ケイト シィ』にてケーキを選んでから入店するシステムとなっている。これは↓入り口の黒板に書いてあるのでご安心を。

この時ブログ主が頼んだケーキは、タルトタタンとヤギミルクのチーズスフレ。

ケーキはどれも魅力的で1つに絞りきれなかったので2つ頼んだが、どちらもとても美味しかった!
ヤギのミルクもどんなものなのかという興味津々で食べてみたが、嫌なクセなどはなくコクのある味わいの美味しいチーズケーキであった。

紅茶についてはよく分からなかったので、頼んだケーキに合うものを店主さんに教えてもらった。

お店の席には、「1テーブルにつき2名まで」というコロナ禍の名残の制限がある。しかし、そのおかげもあってか店内はガヤガヤしすぎず、とても落ち着いた雰囲気となっている。

また、お店の一角には小説がたくさん置いてあり、本好きな人がゆったりくつろぎに来るのにもぴったりだ。ブログ主も置いてあった本をパラパラと読ませてもらって、のんびり優雅な午後のひとときを過ごした。
↓拡大画像が荒くて申し訳ないが、お店最奥にある本棚。

この時点で既に「ぜひまた来訪したい」と思うほど気に入っていた。

しかし帰る前に、店主さんと話していたら驚愕の事実が発覚したのだ。

なんと、この店…猫がいる、と。
何…だと…!?

「ほら、ここで寝てます」って、店主さんがテーブル席の椅子を引いたら、そこには一匹の猫さんが。
ずっと同じ場所で寝てたようで、言われるまで一切気づかなかった…

か、かわいい…!!!

無類の猫好きであるブログ主は、興奮と歓喜に打ち震えた。
想像してみてほしい、猫カフェではないお店に行って、猫がいた時の幸せすぎるラッキー体験を!

ケーキも紅茶もかなり美味しいしお店の雰囲気もいいのに、さらにそこに猫が加わるなんて、どこまで最高なんだよこのお店!!

猫さんのお名前は『てつのすけ』。
シャムの血も入った雑種で、元保護猫とのこと。フワッフワの割と大きめのボデイをお持ちなので、抱きかかえると一瞬重さに「ゔっ」となる。腰に要注意。

その後しばしモフらせていただいたが、めちゃくちゃ大人しい子だった。
全くの初対面のブログ主にも警戒することなく、されるがまま撫でられまくっても一切怒りも逃げもしない。店主さんも一緒にいたからか、お腹見せてゴローンまでしてくれた。

↑この写真は、後日友人と訪問時撮影

もう…幸せすぎて爆発しそうだった。

そしてちゃっかり猫吸いまでさせてもらって「絶対また来ます!」と御二方に告げて、お店を後にした。はあ~天国とはここのことか。

これまた別日に撮影。店主さんとてつのすけ

再訪!アフタヌーンティーを楽しむ

数カ月後、今度は友人と一緒に再訪し、アフタヌーンティーをゆったり楽しんできた。さらにその数カ月後も別の友人とまた再訪したので、その時の様子をご紹介しよう。

今回はどちらかというと猫との触れ合いがメインの内容となっているので、「日頃猫成分が足りていない!」という読者の方は存分に補給していってほしい。

まずはアフタヌーンティーの紹介

アフタヌーンティ初体験

この時は2023年3月、動物好きの友人を誘ってカラバティーへ念願の再訪を果たした。

注文したのはアフタヌーンティセット2段。
実はブログ主にとって、これが初めてのアフタヌーンティ体験だ。

友人より、巷では「ヌン活」なるものが流行っているらしいと聞き、驚愕した。アフタヌーンティって決して安くないのに、若い方々はすごいな…!!

しかし、この初めてを機に、ブログ主もヌン活にハマりつつある。数ヶ月に1回くらいしか行かないけど、たっぷりの美味しいお菓子と紅茶を味わいながら、仲の良い友人と語らう時間というのはとても贅沢で幸せだと感じている。でもいつか1人で行ってみるのも面白いだろうな。

ノリの良い友人が示してくれてるのが、今回いただくアフタヌーンティセット2段だ。

この場合も、ケイト シィで事前にケーキを選んで、カラバティーへ入店する。

上の段は、選んだケーキ(キャラメル・バナーヌ)とアイスクリーム、季節のフルーツ。

下の段は、焼き立てスコーン、焼き菓子、見切れている左のピンクの器の中にチョコレート。

どれもバターの香りが芳醇で、たまらなく美味しかった…!!!
友人と一緒にじっくり味わうお菓子は最高だった。

続・アフタヌーンティセット

さらに数カ月後の2023年7月、別の友人とアフタヌーンティを楽しむ。

ケーキは白桃のタルト。

こちらのケーキはマンゴーのタルト。

今回の焼き菓子は、猫モチーフ!!可愛すぎませんかね、これ。

チョコレート。
こんなに小さいのに、素晴らしく手が込んでいる…もはやアート作品。

焼き立てスコーン。
確かバナナとくるみだったような…ねっちりしていて超好みだったのはめちゃくちゃ覚えてる。

猫・てつのすけとの触れ合い

さあ、猫好きの皆さんお待たせ!ここからはひたすら猫タイムだ。

2回目の来店時は、椅子の上で寝ていた。
写真撮ってる友人もろとも激写。

店主さんのはからいで、我々の座ったソファ席に移動してきてくれた!!

そして、なんと…!!

ブログ主の膝に乗ってきてくれたあああ!!!
突然の嬉しすぎる展開に慌てつつも、写真を撮ろうとする私。

感動の瞬間を撮る私を、今度は友人が激写。

ああ…猫が膝に乗ってきてくれるなんて、なんという幸せ。
ただし、てつのすけさんは割りとヘビーであらせられる。ずっしりだけど、それもまた幸せ。筋トレしててよかったと思った瞬間である。

見て、この気持ちよさそうなお顔!牙出てる~。

キリッとしたお顔も。

膝の上でこんなくつろいでもらえるなんて…。
何度でも言おう、幸せすぎる。

その後、毛づくろいタイムが始まった。
ブログ主、実家にも猫がいたが膝の上で毛づくろいされるのは初めての体験である。

ひたすら毛づくろい。
ブログ主のズボンは当然毛まみれである。ええ、勿論これは勲章ですとも。

肉球触っても怒らない寛容さ。ぶはあ…肉球かわいい。

1時間ほどずっと膝の上にいてくれたが、やがてブログ主の体勢と膀胱の限界が来て、トイレへ。すまない、てっちゃん…

戻ってきたら、友人の膝でくつろいでいた。
よかった、友人も幸せそうである。

めちゃくちゃキリッとした一枚が撮れた。
いや~美しいお顔ですな。

その後、店主さんとも話した後、いい時間になったので帰ることに。

ぽつんと席に残されたてっちゃん。
うう…寂しそうに見えて、すごい罪悪感。ごめんよ、また来るから…

そして、また来た3回目の時。
この時は、入り口近くの席の椅子で寝ていたのを店主さんが発見。

今回は、友人の膝で落ち着いていた。
この時はあまりブログ主との絡みもなく、写真も無いのでこれでおしまい!唐突すぎてすまん。

いかがであっただろうか。

猫好きな皆さんや、ケーキや紅茶、アフタヌーンティが好きな皆さん。
このお店はかなりオススメですぞ。
気になったらぜひ行ってみるべし!

ではでは、最後まで読んでくれてありがとう!

↓以降のブログ主のヌン活記録

追記:パティスリー『ケイト シィ』が移転するって

店主さんより、パティスリー『ケイト シィ』は和歌浦へ移転するとのことを聞いた。新店舗は、11月初旬にオープン予定とのこと。

『カラバティー』は、今現在の場所をほぼ変わらない(同じ建物内で、多少移動あり)とのことなのでご安心を!

ただ今後の詳細については、各自公式からの情報を確認すべし!!

見づらくて申し訳ないが、もらった移転案内のチラシ↓

tonamo

一人旅と自然が大好き30代女。
昔から「海外ぶらぶら気ままに放浪してみたいな~」という憧れを抱いていたが、社会のレールから外れるのが怖くて諦めていた。
しかし「このままじゃ最期に後悔する人生になる」と気付き、生き方をガラッと変えるべく毎日鋭意奮闘中。

tonamoをフォローする
国内ぶらり旅旅グルメ
スポンサーリンク
tonamoをフォローする
旅好きtonamoブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました